2021.9.3 2021年「第九」団員募集は締め切りました
2021.8.2 「第九」の練習について
2021.7.14 次回演奏会をアップしました
2021.6.4 フロイデニュース6月4日号をアップしました
2021.4.3 練習時間短縮とマスクの種類等につきまして
2021.1.3 フロイデニュース1月1日号をアップしました
2020.12.3 次回演奏会をアップしました
2020.7.12 フロイデニュース7月12日号をアップしました
2020.5.11 先生方からメッセージをいただきました
2020.4.18 フロイデニュース4月18日号をアップしました
2020.3.6 フロイデニュース3月6日号をアップしました
2020.1.8 団員専用ページを更新しました
2020.1.6 フロイデニュース1月6日号をアップしました
2019.12.4 フロイデニュース12月4日号をアップしました
2019.11.5 フロイデニュース11月5日号をアップしました

「第九」の練習について
2021年8月2日

8月2日から大阪府に緊急事態宣言が再発令されますが、区民センターは予定通り利用可能となりました。ホームページの「練習日程」に表示されている通りに練習は行いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

練習時間短縮と
マスクの種類等につきまして
2021年4月3日

大阪新音フロイデ合唱団団員の皆様、いつも練習に際してのご協力ありがとうございます。

続きを読む

◆練習時間短縮について

大阪に蔓延防止等重点措置が実施される事となりました。練習会場からの要請で会場の使用時間が短縮となり、練習時間を18時00分から19時45分

とさせていただきます。またこれに伴い、練習のYoutubeでの中継ですが、3月いっぱいで終了の予定でしたが、継続して中継を行うこととなりました。

◆マスク種類など練習時の注意について

先日の練習時に先生からご案内のありました通り、練習時の注意点を2つご連絡させていただきます。

(1)不織布マスクを付けること

マスクを練習時に必ずつける事は徹底していただいており、感謝いたしております。コロナの研究も進み、歌うことに対するマスクの有用性なども検証が進んでおります。その結果、やはり「不織布」の使い捨てのマスクが一番飛沫の拡散が少ないという検証がありました。(布マスク、ウレタンマスクと比較しております。)

そこで、合唱団員の安全を考えて、「不織布」マスクにて統一する事となりました。メーカーやサイズなどにより歌いやすさも各自違うかと思いますので、本番までに色々なマスクを試していただいて、自分に合う歌いやすいマスクを探してもらえればと考えております。(なお、本番でのマスクの色は白を予定しています。)

(2)立って歌う人と座って歌う人が混在しないようにする

ワクチン接種会場の関係で、我々の使える会場が「大淀コミュニティセンター」と「天王寺区民センター」に限られるようになります。 どちらの会場も北区民センターに比べると狭く、一人一人の距離を取ると、あまり余裕がありません。 合唱連盟のガイドラインにも「立って歌う人と座って歌う人が混在しないようにする」という事が盛り込まれています。 今後は座って歌うのを基本とし、先生の指示があれば、全員で立って歌うという形といたします。

大阪の感染者も拡大しており、予断を許さない状況が続きます。皆さま、最大の注意を払って、演奏会実施に向けて、頑張りましょう。どうぞ皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

閉じる

団員募集
2022年夏公演追加募集
L.v.ベートーヴェン/荘厳ミサOp.123
日時:2022年7月28日(木)
場所:フェスティバルホール
指揮:角田鋼亮
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
詳細は決まり次第掲載いたします
次回演奏会のご案内
L.v.ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調Op.125
日時:2021年12月14日(火)
場所:フェスティバルホール
指揮:角田鋼亮
管弦楽:京都市交響楽団
独唱:老田裕子(S)・糀谷栄里子(A)・小餅谷哲男(T)・三原 剛(Br)
詳しくは こちらをご覧ください
フロイデアカデミーのご案内
詳細が決まり次第掲載いたします
連絡先

当サイト

合唱団員