Freude News1月1日号

明けましておめでとうございます

昨年はおかげさまで「テ・デウム」、「第九」と成功裏に終えることができました。 これもひとえに、様々な形でご協力いただいた皆様方のおかげと感謝しております。 今年もどうぞよろしくお願い致します。

先のコンサート、12月12日の「第九」は、初お目見えのマエストロ・角田鋼亮先生と京都市交響楽団、ザ・シンフォニーホールでの開催でした。 角田マエストロの若さあふれる切れの良い、それでいて隅々まで計算されたかのような指揮は合唱団とソリスト、オーケストラ、客席までを一つにしてくれました。最後のPrestoを本来ソリストは歌わないのですが、今回は合唱団と一緒になって怒涛のフィナーレへとなだれ込み大きな感動の渦を巻き起こしました。“2018年の「第九」が楽しみ”が聴いてくださった方と合唱団双方からの合言葉のようになった、本当に素晴らしい一夜でした。もちろん今年年末の「第九」指揮は角田鋼亮先生です。

さて新年早々、1月9日(火)からは次回9月6日(木)のコンサートに向けての練習が始まります。 今回の練習曲は「フォーレ・レクイエム」と「デュリュフレ・レクイエム」の2曲です。 「フォーレ・レクイエム」は3大レクイエムに数えられるほど良く知られた名曲ですし、 「デュリュフレ・レクイエム」は今回わが合唱団初挑戦のとても美しい曲ですから、どちらも大変楽しみです。これから八ヶ月をかけて創り上げていきます。 大友直人指揮、大阪フィルハーモニー交響楽団、フェスティバルホールと、また願ってもない組み合わせになりますので、乞うご期待!!

合唱団員募集中

一緒に歌ってくださる方を募集しています。

私たちと一緒に歌いませんか?興味のある方は一度、練習見学にお越しください。 ぜひ沢山の方にご応募していただきたいと思います。入団締切は1月末となっています。

大阪新音イベント情報
小林沙羅ソプラノリサイタル
■ピアノ■河野紘子
■日時■1月19日(金)19:00開演
■場所■兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホール
■プログラム■
山田耕筰/この道
山田耕筰/あかとんぼ
山田耕筰/からたちの花
山田耕筰/風に寄せてうたへる春のうた
中田喜直/さくら横ちょう
中田喜直/髪
中田喜直/悲しくなった時は
R.シュトラウス/夜Op,10 Nr. 3
R.シュトラウス/矢車菊Op.22 Nr.1
R.シュトラウス/セレナーデOp.7
F.レハール/「メリーウィドゥ」よりヴィリアの歌
E.カールマン/「チャルダッシュの女王」よりハイヤ!山こそわが故郷
R.シュトルツ/プラーター公園の春
R.ジーツィンスキー/ウィーンわが夢の街 他
お問い合わせは大阪新音TEL:06-6926-4888までお願いします